最近聞くALAとは何か

ALAは5-アミノレブリン酸という物質のことを指します。その物質の成り立ちは36億年前、地球上に生命が誕生したといわれるあたりにALAが関わっていたと考えられています。そのため、生命の根源物質ともされる非常に重要な物質の一つです。ALAは植物が光合成を行うために必要といわれる葉緑素の原料です。

植物だけではなく、ヒトや動物においては赤血球のヘモグロビンの生合成のために使われています。細胞内に存在するミトコンドリアのエネルギー生産を支える働きがあるため、非常に貴重な物質です。ALAは、実は私たちは日常的に摂取しています。普段口にしている食品にも含まれており赤ワイン・かいわれ大根・お茶・酢等といった食品に多く含まれています。

人工的につくることもできますが、難点がありコストがかかることからあまり研究は進んでいませんでした。しかし、長い研究期間を経ることで酒・しょう油を作るのと同じ発酵法により、これを製造することに成功したため活用法が注目されています。植物にALAを与えることで収穫量が増え、果実の糖度が上がるなどといった成果がすでに出ています。こうした応用研究は、現在では植物に限りません。

人間においても美容面ではスキンケアができるといわれ、医療などのヘルスケア分野でも幅広い領域で研究が進んできています。この成分単体でも効果を発揮しますが、鉄分と組み合わせることでさらなる相乗効果がみられることが分かってきており将来の画期的な商品開発などに期待されています。