ALAに期待できる効果と摂取する方法

ALAは、地球に生命が誕生した時に関与していたと考えられている根源物質で、生命活動を維持するための様々な重要な役割を担っています。具体的には、植物においては光合成を行うために必要となる葉緑素の原料になり、動物の場合は赤血球の中に存在して酸素を運搬しているヘモグロビンを生合成する際に必要となるのです。ただし、体内での生産量には限りがあり、17歳頃をピークとして徐々に低下してしまいます。さらに、ストレスなどにより減少してしまうので、身体には様々な不具合が生じるようになります。

ALAを外部から摂取するのは、この様に加齢やストレスによって足りなくなった分量を補給することを目的としています。ちなみに、ALAを含んでいる食品にはどんなものがあるかというと、ピーマンやカイワレ大根などの緑黄色野菜・酢や醤油、赤ワインといった発酵食品などです。しかしこれらの食品に含まれている分量は微量なので、十分量を摂取するのは簡単ではありません。このために、ALAを効率的に補給したい場合は、サプリメントや健康食品を利用するのが適切な方法となります。

なお、かってはALAは製造するのに高いコストがかかってしまったために用途は研究などに限定されていたのですが、現在では安価で大量に生産する方法が確立されています。このために、美容やスキンケアなどの医療以外の分野での領域での研究も進められており、幅広い分野で利用されるようになっています。