血糖値対策にも優れているALAの魅力とは

人間の体内にはALAというアミノ酸の一種が存在し、それは5-アミノレブリン酸を略称してそう呼ばれています。近年はこのALAという物質の研究が進み、人間の健康や美容、アンチエイジング効果などの様々な役割を果たす成分であると解析が進んでいます。人間の体内を構成するミクロの単位として細胞が存在しますが、その中心にはミトコンドリアDNAが存在し、そのミトコンドリアDNAの働きを活性化させる存在としてALAに注目が集まっています。特に生活習慣病でも糖尿病患者は体内の血糖値が高いという特徴を持ちますが、この血糖値を改善させる働きを持っています。

しかも血糖値を改善させることで、病気予防やダイエット、アンチエイジングまで寄与する役割まであります。実際にALAは、それを多く含まれる食品やサプリメントを経口摂取することで体内に取り入れ、それによってミトコンドリアDNAの活性化させることが可能です。それが多く含まれる食品は、ホウレンソウなどの緑黄色野菜類、ワインや味噌などの発酵食品、他にもイカやタコ、牛肉など様々な食品に含まれています。しかしながら本来の機能を果たす上ではホウレンソウで12キロ摂取しなければならないぐらいなので、食品だけの摂取では難しい点もあります。

従ってサプリメントを有効活用することで、それ補うことで必要量に近いぐらい摂取することができるサプリメントも開発されています。ALAの研究成果がより進めば、人間の寿命を長くできる可能性あるため、将来的にも注目される成分であることは間違いないです。