専門学校で保育士資格を取得するにはどこでもいいわけではありません。文科省または厚生労働省が指定した専門学校で、定められた課程を修了して卒業する事で得られます。専門学校には指定校と併修校がありますので、必ず自身が受ける学校はどれなのかを確認しておく必要があります。指定校は卒業と同時に保育士資格を取得できます。

一般的な学校であり、カリキュラムをこなす事で普通に取得できます。卒業する事で資格を取得でき、学歴は専門学校卒です。併修校は言わば文科省や厚生労働省から指定を受けていない学校を言います。カリキュラム内容は保育士に必要な授業ですが、通信制の短大を併修する必要があります。

学校での勉強と通信教育での勉強とやる事は多く面倒ではありますが、メリットも多くあります。卒業する事で資格を得られますし、学歴は短大卒になります。保育園では学歴によって多少の給与の差があるので、働いてから恩恵を感じられます。また併修する通信制短期大学によっては社会福祉士等といった他の資格も取得できます。

その為自分の選択肢にも幅が広がります。併修校にもメリットはありますが、2年間で技術や知識を学ぶので忙しさはあります。しかし現在は認定こども園と言う保育と幼児教育を合体させたものが多く作られ、国も推奨しています。今すぐはないですが、今後は保育士と幼稚園教諭の資格を共に取得していないと、こども園では働けない可能性も高まっています。

併修校で卒業と同時に幼稚園教諭の資格も目指せるので、選択肢の1つとしては検討価値のある学校と言えます。