小さな子どもが大好きな人にとって保育士は憧れの仕事の一つでしょう。小さな子どものお世話をするのは大変な面も多いですが、子どもたちからは好かれるし、とても遣り甲斐のある仕事です。保育士の資格を取るには、主にふたつあります。4年制大学や短大、専門学校などの保育士養成施設を卒業する方法と国家試験に合格する方法です。

前者の方法で資格を取得する人のほうが数は多いです。専門学校で保育士を目指すメリットとデメリットには何があるでしょうか。まずメリットを挙げると、学校を卒業と同時に資格を取得できることがあります。改めて国家試験を受ける必要がないので楽です。

基本的に2年で資格を取得することができますが、3年制のコースもあります。また専門学校は4年生大学や短大とは異なり、昼間と夜間に分かれている場合が多く、働きながらでも無理なく通えるのも大きなメリットです。もちろん、単に国家試験を受けるのと比べて、しっかりとした保育現場ですぐに役立つ知識やスキルを学ぶことができます。さらに専門学校によっては、幼稚園教諭の資格も取得できます。

それに対してデメリットは、2年制の場合、短い期間の間で保育の知識やスキルを詰め込むのは大変ということが挙げられます。そのような場合は、慌てて就職することなく、1年余裕をもって3年制コースを選ぶのも手です。また、保育に特化しているため、4年制大学や短大のように保育以外のことは学ぶのが難しいです。